症状・治療例
症状・治療例

じんましん

 割と頻度が高く、1日数人来られます。蚊に刺されたようなかゆい膨らみができたり、拡がると地図状になり、夜も眠れないくらいかゆいと言うものです。さっさと来院していただけると、抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤で、9割の人は治せる自信があります。

 原因は何らかのアレルギーと考えられます。飼っている犬・ネコ・ハムスター・小鳥や内服している薬、食物に、風邪を引いているときや、仕事が忙しい、睡眠不足等が加わってです。

 1ヶ月以上続くじんましんは、慢性じんましんと言う扱いになり、治療が困難になってきますので、早めに来院されることをお勧めします。

 塗り薬は意味ありません。皮膚の少し深いところの反応だからです。治りにくい慢性じんましんは、とにかく気長に、毎日薬を飲んで頂くしかありません。ここで当院は、秘密の薬を1~2種加えます。(ステロイドを飲んでもらったりはしません)

 初期に皮膚科以外ですぐにステロイドを飲まされ、従来の治療が困難となり困ることがあります。

症状例

治療例

アクセスアクセス

住所

〒654-0131
神戸市須磨区横尾1-8
(神戸市営地下鉄妙法寺駅前)
来院の案内地図

TEL/FAX

TEL 078-742-4112
FAX 078-741-4114

お車でご来院の方へ

大型駐車場あります!
お車でご来院の方は、リファーレ駐車場をご利用下さい。
駐車券を提示いただければ
90分無料チケットをお渡しいたします。

TOP