症状・治療例
症状・治療例

美容皮フ科のおはなし

 先日、「ホクロを取るために美容外科でレーザーを当てたら、ケロイドになって、皮フがかえって盛り上がってしまいました。どうしたらよいでしょう」と、34歳の女性が来院されました。

 このように、近頃の美容整形ブームで、それに伴うトラブルも目立ってきています。安易な知識に基づく手術によって起こるひどいケースもあるようです。そこで、日本皮膚科学会もこれを見捨てておけず、皮フの専門家である皮膚科医が美容に関しても積極的になろうという考えになってきています。

 数年前、私がケミカルピーリングを始めた頃は、やっている所もあまりなく、自分で文献を集め、自身を実験台にして試行錯誤を繰り返しました。時には自分の顔に真っ黒なかさぶたを作ったりする失敗もして、安全性を基準にした技術をマスターしてきました。その結果、当院ではすでに三千名余りがピーリングを受けられ、ここ1年で治療による主だったトラブルは1件も発生していません。

 ケミカルピーリングは、ニキビに対して最も効果があります。飲み薬を飲みながら半年ほどビーリングをしますと、90%以上の人に満足していただけます。(1~2ヵ月で治ることはないのです。)また、シミに対してもピーリングは有効です。しかし、老化していぐ肌を若返らせるというのはとても難しいことなので、当院特製の美白クリーム、シミ取りグリームを併用しても、満足していただけるまでに1年以上はかかります。なかには1カ月程して「全然治らんよ」と言われるおばあちゃんも…。(70~80歳代でシミ取りに来られる人も多いです。)

 ただ、年寄りイボにはピーリングは効果がなく、ホクロや傷アト(ヤケドの跡、ピアス部分のたんこぶ状になった)と同様に、形成手術となります。手術は局部麻酔をして約30分で終わります。麻酔注射時に痛いだけで、手術中は全く痛くありません。術後すぐ家に帰れますが、抜糸をするまで1週間程ガーゼを当て、数回通院していただく必要があります。治療はすべて健康保険でしています。4千円から3万円、平均で1万円程度です。

 このところ、レーザーが万能で、何でも簡単に出来ると勘違いしている人が多いようです。先日の皮膚科学会でも、権威ある大学教授がホクロはメスで切り取って縫う方がレーザーより跡が残らないと講演されていました。

 まず診察をして正しい診断結果を出すのが第一で、それから治療法を決めるようにしています。やみくもにレーザーを当てると、ケロイドになったり禍黒色が残ったりすることがありますので注意してください。

症状例

治療例

アクセスアクセス

住所

〒654-0131
神戸市須磨区横尾1-8
(神戸市営地下鉄妙法寺駅前)
来院の案内地図

TEL/FAX

TEL 078-742-4112
FAX 078-741-4114

お車でご来院の方へ

大型駐車場あります!
お車でご来院の方は、リファーレ駐車場をご利用下さい。
駐車券を提示いただければ
90分無料チケットをお渡しいたします。

TOP