随想
随想

尼子氏 月山富田城

角島 私は城巡りが好きです。テレビでよくお見かけする大和田静岡大名誉教授(大河ドラマ麒麟が来るの歴史監修もされている)も、日本一の名城であると言われている。ぜひ一度行きたかった、月山富田城に登りました。
 月山富田城は、山陰を中心に勢力を覇った尼子氏の城で、力攻めでは一度も落城したことがありません(大内氏の攻撃を退け、毛利氏の総攻撃には耐えたが、その後の2年7か月に及ぶ兵糧攻めで落城)。島根県の東端安来市にあり(有名な足立美術館のすぐ近く)神戸から車で3時間半余りです。

七曲りの坂

 車は山麓の道の駅に停めます。山中の防御拠点の山中御殿までは、ゆるやかな登り道で、山中鹿介の銅像があったり、発掘調査で見つかった復元された建物があったりです。山中御殿から本丸へ向かう部分は、七曲りと呼ばれる急坂です。1時間余りで本丸に到着しました。山頂からは、眼下の城下町広瀬、中海を隔てて日本海も臨むことができます。よく整備されていて地元の人の城への愛着も感じました。
 江戸になり、一国一城令で月山富田城は廃城となり、広瀬の街は広瀬藩として、松江藩の支藩となりました。街中を歩き回りましたが、さびれ過ぎていて、売り家の看板も多く残念でした。

玉造温泉 玉造温泉の老舗長楽園に泊まりました。日本最大級の混浴大露天風呂があります(宿が男女用に使い捨ての水着みたいなのを用意してくれます)。一万坪の日本庭園もあり、昭和天皇も泊まられています。
 翌日は美保関に足を延ばしました。島根半島の最東端に世界の歴史的灯台百選に選ばれている灯台があります。はるかかなたに隠岐の島もうっすらと見えました。美保関の街は、穴場でした。江戸時代、北前船の風待ち港として栄えた風情を充分に残しています。青石畳の通りはすばらしかったです。
 城好きな人には、月山富田城は、絶対お勧めします。

随想集

アクセスアクセス

住所

〒654-0131
神戸市須磨区横尾1-8
(神戸市営地下鉄妙法寺駅前)
来院の案内地図

TEL/FAX

TEL 078-742-4112
FAX 078-741-4114

お車でご来院の方へ

大型駐車場あります!
お車でご来院の方は、リファーレ駐車場をご利用下さい。
駐車券を提示いただければ
90分無料チケットをお渡しいたします。

TOP